読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遙かCANADAをANAで参る

ANA(全日空)やCANADA旅行などについてゆるりと綴ります

ウィスラー旅行記その2(ハイキング編)

f:id:goldenrocky:20170331201815j:plain

今回はウィスラーでのハイキングをご紹介します。

まずゴンドラ、リフトの利用券を入手することから始まります。一口にウィスラーと言っても、正確にはウィスラー山とブラッコム山の2つの山の麓にウィスラービレッジがあり、そこを起点にリフトやゴンドラを駆使してトレイルを巡ることが基本です。利用券を買えば、ウィスラー、ブラッコムの稼働しているリフト、ゴンドラは乗り放題になります。ゴンドラやリフトを使って一気に高度を上げるわけですから、いきなり森林限界を超えたアルパイン世界が眼前に広がります。通常味わわなければならないややもすると退屈できつい樹林帯の中の登り道を歩かなくて済む!というのがこのウィスラーハイキングの最大の特徴。なのでお年を召した方や子供連れ、初心者でも楽しむことができます。

さてこのゴンドラ、リフトの利用券、ビレッジのゴンドラ(Whistler Villege Gondola)の出発地点にチケットブースがあるのでそでこ買えます。私たちの場合、4日間(4泊)滞在したので、年間パスをJTBカナダさんを通じて購入しました。初めてのウィスラーということで日本語での情報が欲しかったからです。スタッフがホテルまで迎えに来てくれ、一緒にチケットブースまで行ってパスを発行してくれました。その場で事前に買っといたやつを渡してくれるのではなく、パスには写真を載せる必要がある(他人に利用されないため)ので写真撮影から必要になるのです。

そのため作成には少し時間がかかります。1日券ではそういうこともないのでしょう。購入の際、トレイルマップも貰えますので忘れないように。

 

f:id:goldenrocky:20170331201340j:plain

いろいろ教えてくれます。最終ゴンドラの時間も日によって変更があるので注意。右上の1HRという手書きの文字はそこまで行くのに1時間かかりますということです。

さていよいよゴンドラ・リフトへ搭乗です。山頂へは、

(ウィスラー山)

ビレッジ→(WHISTLER VILLRDGE GONDOLA)→ROUNDHOUSE LODGE→(PEAK EXPRESS)→ウィスラー山頂

(ブラッコム山)

ビレッジ→(WHIZARD EXPRESS)&(SOLAR COASTER EXPRESS)→RENDEZVOUS LODGE=ほほブラッコム山頂

という乗継ぎルートで向かうことになります。

ただ、ここウィスラーのゴンゴラの最大の特徴は、ブラッコム側のRENDEZVOUS LODGE とウィスラー側のROUNDHOUSE LODGEの間を世界へ誇るゴンドラPEAK2PEAK」が結んでいるということです。

これは通常のゴンドラが麓から山頂までの高度を稼ぐためにあるのに対してこのPEAK2PEAKは2つの山を結んでしまうというなんとも北米的なものです。眺めも壮大で楽しめますので、たとえ1日だけの滞在であっても是非乗って下さい。単純な往復だけでもなかなか楽しいです。

 f:id:goldenrocky:20170329222128j:plain

ウィスラー山へ向かう場合、素直にWHISTLER VILLRDGE GONDOLAから乗り始めるのが普通だと思いますが、このゴンドラ、結構混んでます。私たちが訪れた夏のピーク時では30分ぐらい並んだかな。ウィスラー側の方がトレイルの種類も多いのでこっちの方が人気があるからだと思います。一回ぐらいは乗ってもよいですが、私のお勧めルートは、

ビレッジ→(WHIZARD EXPRESS)&(SOLAR COASTER EXPRESS)→RENDEZVOUS LODG→(PEAK2PEAK)→ROUNDHOUSE LODGE→(PEAK EXPRESS)→ウィスラー山頂

です。最初のWHIZARD EXPRESSはリフト(4人乗り)ですが、そんなに混んでなく、並びません。またリフトであるが故、外気に直接触れることができ、眺めも窓越しではないので爽快感抜群です。気候が許せばの話しですが。ROUNDHOUSE LODGEやWHIZARD EXPRESSにはショップやレストランがあって飲み物や食べ物、お土産等購入可能です。

山頂へ向かうリフトを降りたら、そこはもうすでに絶景の世界。

f:id:goldenrocky:20170331203957j:plain

 

f:id:goldenrocky:20170329222300j:plain

 

f:id:goldenrocky:20170331233624j:plain

 ウィスラーの名前の由来になったホーリーマーモットものんびりお出迎え。

f:id:goldenrocky:20170329222341j:plain

あとは体力と時間と相談で歩きましょう。ぐるっとまわって戻ってくるループコースも組むことができます。

標準的なコースは、

① PEAK EXPRESSを降りて裏手から始まるHIGH NOTE TRAILを進み途中左折してHALF NOTE TRAILを進み戻るコース

② ①のHALF NOTE TRAILに右折せず、まっすぐ進み楽器の名前がついた峠(ピッコロ、フルート、オーボエ)を巡るコース

③ ROUNDHOUSE LODGEからHARMONY LAKEを回って戻ってくるコース

④ ③から足を延ばしてSYMPHONY LAKEまで向かうコース

等でしょう。他にもいろいろ組み合わせることもできます。

f:id:goldenrocky:20170331204123j:plain

 

私たちは2日間かけてだいたいのトレイルを歩くことができました。

 

f:id:goldenrocky:20170331233516j:plain

ブラッコム山側のコースはそんなに選択肢はありません。1日はこちら側にしました。

 f:id:goldenrocky:20170329222436j:plain

 オーバーランド、デッカーズループというトレイル。そんなに時間はかかりません。

ハイキングの途中ではトレイルを疾走するマウンテンバイクが。(バイク禁止のハイキングトレイルとバイク専用のトレイルは分かれていますので安心)

f:id:goldenrocky:20170331203609j:plain

f:id:goldenrocky:20170331203657j:plain

バイクもリフトで運びます。

f:id:goldenrocky:20170331203752j:plain

前述しましたが、とにかく便利で快適なハイキングが楽しめるのはウィスラー最大の特徴。一通り眺めと歩きを楽しんだら、アイスクリームでも食べながらリフトで下山。そしてすぐにビレッジのホテルに帰ることができます。

f:id:goldenrocky:20170329222819j:plain