読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遙かCANADAをANAで参る

ANA(全日空)やCANADA旅行などについてゆるりと綴ります

1996年のカナディアンロッキー

f:id:goldenrocky:20170402172228j:plain

最初のカナディアンロッキー

いきなりですが、1996年の話です。なぜこんなに毎年カナダに行くようになったか、その最初の年です。いろいろカナダについてゆるゆる書くのがこのブログですが、まずはここから書いておかなくてはということで今回の記事です。別の場所でそのときのことを書いたものが残ってましたので引用します。(この先ちょくちょく引用します。)

この年の1月に結婚しました。新婚旅行は、カリブ海&フロリダ・オーランド11日の旅!であった予定が、私の直前転勤によってグァム5日間の旅に縮小(それでも行けただけよかった)になったため、夏は気合を入れてどっかいこうと思っていました。しかし、私の仕事が大変忙しく、お盆以外に休みがとれそうにないこと、事前準備もままならないこと、から、パックツアーに。 

どこに行こうかという問題ですが、私はグランドキャニオンに行ったことがあるが妻はまだで、カナディアンロッキーは、その逆で妻は行ったことがあるのですが、私は未経験。どちらも素晴らしいという話をしているうちに、では両方まわるツアーにしよう!ということになりました。しかも、私たちの要望をかなえてくれるツアーがありました。Jツアーです。両方をめぐるツアーは数多く各社用意されていましたが、グランドキャニオンを飛行機でなく、車で訪れて現地で1泊するというのはここだけでした。素敵な旅程を組んでいたJツアー社が今はもうないというのは、とても悲しく思います

 まあ、新婚旅行代わりなわけです。カナディアンロッキーVS.グランドキャニオンという北米2大横綱といってもいい自然対決。ツアー会社のJツアーというのは当時大手に対抗してツアーを意欲的にいろいろ出していた会社でその後破綻してしまいました。一応名を伏してるつもりなんですが、まあ分かりますやね。

余談になりますが、グランドキャニオンのグランドキャニオンを飛行機でなく、車で訪れて現地で1泊する」というのは結構重要だと私は個人的に思っております。

f:id:goldenrocky:20170402173555j:plain

ツアーのパンフレットにもその特徴が書いてありました。ラスベガスから飛行機で飛んで日帰りするというのはよくあると思いますが、車でいくとアメリカの大きさというのがよくわかりますし、グランドキャニオンもゆったりと楽しめると思います。行ってみると現地の個人経営のツアーに私たち含めて2家族でガイドさんが案内してくるというなかなかハートフルなもので、「バス旅行」と書いてありますが、車はバンでした。今でもこういうツアーあるのかな。こういうのもなかなか良いです。

ツアースケジュール

f:id:goldenrocky:20170402174234j:plain

ツアーパンフレットから抜き出しました。見えますかね。成田からユナイテッド航空でサンフランシスコ経由でカルガリーへ。バンフで2泊してサンフランシスコ経由でラスベガス、そこで1泊して翌日にバスでグランドキャニオンへ向かい、現地で1泊してラスベガスに戻ってくるという日程です。なのでカナディアンロッキーは着いた日と出発日は移動オンリーで純粋には2日目と3日目の2日間ということになります。

このうち2日目はカナディアンロッキーのツアーが入っていて3日目は自由行動です。ツアーの内容は以下の通り。

f:id:goldenrocky:20170402182141j:plainこれぞ黄金コース!バンフにツアーで来たらだいたいこういうルートを回るのではないでしょうか。特にレイクルイーズとコロンビア大氷原の雪上車観光は必須といってもよい鉄板プランです。

初日のバスツアーは見るところ見るところ景色が素晴らしく、もう最高でした。天気は絶好調!で、空は青いし、空気はきれい。湖の色も変化に富んでいて、この世にこんなところがあったのか!という感じ。あと、森林に囲まれているからか、私たちは「森の香り」と呼んでいるのですが、都内では嗅ぐことのできない独特のすがすがしい香りを経験したのもこの時でした。

バスツアーは、まずレイクルイーズを最初に、アイスフィールドパークウェイを北上し、ペイトレイク、ボウレイク等のポイントに立ち寄り、コロンビア大氷原のスノーコーチツアーに参加するというもの。途中途中、カナディアンココツアーのさわやか~なお姉さんが詳しい解説をしてくれました。翌年からはほぼフリーでロッキーを訪れることになるのですが、この年のお姉さんの解説はおおいに役に立ったと感じています。「最初はツアーで基礎固め」という意味でツアーも捨て難い! また、朝一で行ったレイクルイーズは、初めて訪れたということとレイクルイーズに行った時の現地の天気が一番良かったということもあって、この年の印象が一番強いです。

コロンビア大氷原のツアーでは、人数の関係からか、英語を話す人達と一緒のバスになり、行きは英語で解説、帰りはお姉さんが日本語で解説というものでした。その帰りのツアーバスの中で、大氷原の氷河の水が飲めることを知ったというわけです。

 そのときのレイクルイーズ。フィルムをスキャンしてるので画質いまいちですがお許しください。

f:id:goldenrocky:20170402182931j:plain

同様にボウレイク。

f:id:goldenrocky:20170402183100j:plain

 とにかく引用中にも書いてますが、「こんな景色みたことない」というのがふさわしい、強烈な印象を残してくれました。天気も最高によかったですし。ただ今から振り返ると時差ボケの中での観光で、まさしく夢でも見てるような感覚で景色を見ていたから余計感動したのかもしれません。

1日フリー、自由行動は?

バンフで1日フリー、さてどうしましょうか。パンフレットにはオプショナルツアーや買い物等と書いてあります。このときはレンタカーを借りて1日目に行かなかった場所に行くことにしました。向かったのは、ヨーホー国立公園。タカカウの滝やエメラルドレイク、モレーンレイクをまわって帰りはトランスカナダハイウェイではなくノンビリボウバレーパークウェイを通ってバンフに引き返します。

f:id:goldenrocky:20170402191325j:plain

f:id:goldenrocky:20170402191335j:plain

ダウンタウンに戻ってからは車を返して、サルファーマウンテンゴンドラ、アッパーホットスプリングスでの温泉、そして食事はバンパーズのステーキというコース。こちらも充実、でした。車を借り出してバンフのジャンクション(レイクミネワンカ口の方)からトランスカナダハイウェイ(西行)に乗ったら、視界がぱっと開け、目に入ってくる美しい山、ボウ川、青空、それらを忘れることができません。また翌日の早朝、空港へ向かう道で見た日の出の美しさも翌年以降の再訪を心に堅く誓わせる一因となったのでした。

まとめ

とにもかくにも、これを機にすっかりカナダにはまるようになってしまいました。しかもカナディアンロッキー。なのでそれから毎年の旅行は日程さえ決まれば行く先は同じ。その後はユーコンやオーロラ等少しはバリエーションも出てきますが、それから10年以上はロッキーオンリーでした。なぜそこまで?と聞かれますが、そうなってしまったんだもんとしか答えようがないです(笑)この先もできうる限り続けて行きたいと思っています。