遙かCANADAをANAで参る

ANA(全日空)やCANADA旅行などについてゆるりと綴ります

【速報】カナダ入国手続きについて


f:id:goldenrocky:20170505234024j:image
先日の記事でご紹介したカナダ入国手続き、バンクーバー空港から実体験してきました。旅行先からになりますので簡単にご紹介します。

まずはバンクーバー空港でそのキヨスク端末から手続きができるのか?という点については、ちゃんと端末があって手続きができるようになっています。これまでは飛行機に乗るとCAさんが申告書類を配ってましたが今回はそれはなし。じゃできるんだなということで、スマホにあらかじめダウンロードしておいたアプリから申告を行ってQRコードを作成しておきました。もちろん作成しなくても端末の前で実際に操作することもできます。
f:id:goldenrocky:20170505234000j:image

入国手続きのフロアに行くと、ありますありますキヨスク端末が。外国旅券保持者のラインではそうですね、20台くらいはあったでしょうか。そんなに混雑する時間ではなかったものの並ぶことなく利用できました。ただ最初に利用しようと思った端末はQRコードの読み取りができないと紙が貼ってあった(おそらくは故障?)のはご愛嬌。

最初に言語を選択し、ちゃんと日本語もあったのでなかなかやるじゃんと思ったのですが、QRコードを読み取ったあとは全部英語になってたのはどういうことだったのでしょうか。ま、とにかくQRコードを読み込み、パスポートをスキャンして顔写真を取られ、申告内容を画面で確認するという一連の流れ。終了すると番号と顔写真もプリントされる紙が出てきます。もう少し細かく写真を取りたかったのですが、場所柄実行できませんでした。

そしてこの紙を持って入国審査官のところに行くと、なんとパスポートと印刷された顔写真を確認しただけで通過できました。何も質問されず、ノークエスチョンです。ホームページに書いてあった「迅速」、本当でした。疑ってしまってごめんなさい。荷物を受け取って最後は税関の係員に先ほど出てきた紙を渡すだけ(もちろん税関で手続きを要するような内容の申告はなかったです)で終了。本当早かった!

今回はわりと人の少ない時間帯の到着でしたが以前よりはるかにかかった時間は短かったです。到着が集中する時間帯(成田からのエア・カナダの到着じかんたいとか)だとどうなっているかは分かりませんが、皆が慣れてくれは大丈夫なのかもしれません。導入空港も今後増えていくことでしょう。カナダ建国150年を迎える今年、入国審査手続がベンリニなったと言ってもいいでしょう。