読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遙かCANADAをANAで参る

ANA(全日空)やCANADA旅行などについてゆるりと綴ります

バンクーバー気軽に行ける和食FF巡り

またもバンクーバー食べ物ネタです。

バンクーバーはいろいろな国からの移民を受け入れ発展してきた街。これに伴ってレストランも百花繚乱。何を食べたらいいのか迷ってしまうほどたくさんの種類のお店があります。今回は一人旅&マラソン出場ということでレース前には気軽に使えて、それなりに美味しくお財布にも優しいという日本食、B級グルメというかFF(ファーストフード)の店をいくつか巡ってまいりました。そいつを一挙にご紹介。前回取り上げたラーメンは除きます。

 

JAPADO

f:id:goldenrocky:20170527093034j:plain

f:id:goldenrocky:20170527093056j:plain

f:id:goldenrocky:20170527093129j:plain

和食かどうか議論のあるところですが、和食のレシピをホットドッグに取り入れ、現地の人にも受け入れられたお店です。バンクーバー五輪のときにも「MAO DOG」をメニューに入れて有名にもなりました。JAPADOGといえば通常屋台ですが、ロブソン通りにはお店があってテイクアウトだけではなく、中でも食べることができます。今回は、大根おろしが入った「OROSHI」をチョイス。日本から着いた日の夜だったので機内食でやられた(笑)胃に大根おろしのさっぱりとした味わいがちょうどいい感じでした。パンもやわらかく、これなら食べられます。

 

Kita No Donburiya

f:id:goldenrocky:20170527093206j:plain

f:id:goldenrocky:20170527093232j:plain

f:id:goldenrocky:20170527093252j:plain

「北の~」ではなく「喜多の~」という説がありますがどうなんでしょう。名前の通りいろいろな丼を提供しています。丼以外にもカレーやお寿司もあるのでなかなかの品ぞろえです。ウォーターフロントからSeymoreをロブソンの方に歩いていく途中にあります。実は今回が初めてではなく、昨夏にも行ったことがあり、なかなかだったので再訪。13時ごろというお昼時で、いろんな人がひっきりなしに訪れてきてなかなかの繁盛ぶりでした。今回は「Spicy Buta-Don」を注文。豚肉と野菜が中華の豆板醤風のホットスパイスで味付けられていてちゃんと辛く、ビールにも合います(昼から)。テイクアウトしたんですが、ちゃんとお味噌汁もカップにいれてつけてくれました。

 

ZACZAC Curry

f:id:goldenrocky:20170527093343j:plain

f:id:goldenrocky:20170527093406j:plain

ロブソン通りにある韓国系スーパーH-martの2階のフードコートの一番奥にある日本のカレー屋さん。日本人の店員さんなので日本語で大丈夫です。Spicy Beef Curryを注文。ご飯の上に薄切りの牛肉を炒めたものと別添えでハラペーニョがついたカレーです。ハラペーニョは激辛ではなく適度な辛さで炒めたビーフとともに食べれば恰好のおつまみになります。特筆すべきはカレーのルー。とろっとしていてはじめは甘く、次第に辛さも味わえるというなかなかの出来でした。海外でこのカレーが食べられれば言うことないでしょう。大満足。

 

GyuDonYa

f:id:goldenrocky:20170527093448j:plain

f:id:goldenrocky:20170527093517j:plain

そのまんま牛丼屋さんです。20時を超えた時間というのにここも繁盛していました。オーソドックスに「Gyudon」を注文。牛丼に適した肉を調達して使用しているとのことで、それなりに柔らかく普通に美味しかったです。でも日本の牛丼屋さんと比べるのは少し可哀想。これも海外でこの味と思えば○というレベルです。テイクアウトしましたが、紅ショウガはさすがについていません(笑)。ちなみに写真の紅ショウガ、味噌汁は日本から持ち込みです。

 

Ebiten

f:id:goldenrocky:20170527093555j:plain

f:id:goldenrocky:20170527093618j:plain

最後はオーナーが日本の有名てんぷらチェーン店で働いていたというEbitenです。これもロブソン通り。ここらにはこの手のお店が固まっていますので便利です。20時の閉店少し前に入ったのでお客さんは少な目でした。本来は店の名前が主張している天丼を食べるべきなのでしょうが、てんぷらという気分ではなかったため、カツカレーを注文。さすがカナダサイズの豚カツが乗っていて、半分はカレールーをかけずにビールのつまみにして食べました。カレーはZACZACに比べると少し一本調子で、軍配はZACZACに上がるのはいたしかたないところ。このお店の評価はやはり天丼でしないといけないと思います。次回はちゃんと天丼を食べることにしたいと思います。

 

もうお気づきかも知れませんが、今回はすべてテイクアウトしました。ホテルでゆっくり自分で買ったビールやワインと一緒に食べることができるので便利です。もちろんお店で食べることもできます。マラソンの記事でも書いたように、落ち着ける馴染みの味なので、レース前に食べるのにはちょうどいい感じ。また長期の旅行の途中お寿司以外に食べ慣れた日本食を食べたい、という時にはいろいろあってよいのではないでしょうか。